■ 特別寄稿連載 そして音楽の旅は続く – 星乃けい ( Jazz singer )ヒストリー(連載終了)

2019年10月から「星乃けい(西郡ようこ)さんの『16歳からスタートした音楽の旅物語』を音友会のM-magazineに特別寄稿として執筆していただいていましたが、残念ながら2024年4月号連載55回を持って終了とさせて頂きます。
4年半の長期に渡り音友会の『Mマガジンのみの貴重な特別寄稿連載』執筆をありがとうございました。
♬「音楽好きな友の会」スタッフ一同 ♬

▲閉店前のコミュニティーカフェ「ida cafe(イダカフェ)」での最後のコンサートをお願いしました。
♬ 2018年1月19日Cool Down J. Special 〜2018 Ner Year Live Concert〜

・演奏:出村克明(percussion) 、西郷正昭(keyboard)、永瀬 晋(bass)
♬ 星乃けい official website ♬
♬ 西郡ようこofficial website ♬
————————————————

Mマガジン ☆ 星乃けいさんと「音楽好きな友の会」☆
音楽好きな友の会(音友会)がレコードコンサートで借りていた元住吉・井田中ノ町商店街にあったコミュニティーカフェ「ida cafe(イダカフェ)」。

▲音友会の長老川崎翁作画。
当初はカフェで、その後レンタルスペースとなりました。通りに面した入口は大きなガラス張りの窓、入ると吹き抜けの天井、内装は板張りで天井にはファンが廻り、高い天井まで照らし出す調光電球などなど素晴らしく落ち着ける空間でした。

 毎週金曜日の夜には、音友会がお手伝いで、お酒で息抜きをして欲しいとJAZZのレコードが聴ける「CoolDown.J」を営業開始。そして音友会演奏メンバーによる生演奏ライブなどが楽しめる楽しい空間になりました。
 ある時、この素晴らしい空間の「イダカフェ」が立退のため閉鎖になると通告されました。そうであれば何か想い出に残るイベントが出来ないかと相談。顔の広いオーナーから「八百屋ジャズを呼ぼう」(昼は八百屋さん、夜はジャズピアノ屋さん?)となりました。
 八百屋ジャズからは「どうせなら、ヴォーカルも自由が丘、渋谷、横浜など全国で活躍中の『星乃けい』さんにもお願いをしよう」となりました。ジャズヴォーカルならと、図々しく筆者は2曲のリクエストをお願いしてしまいました(笑)。
 『星乃けい』さんをあまり知らなかったのでネットを調べて大変驚きました。〈スウィングジャーナル.誌の「ジャズディスク大賞・ボーカル賞」に2年連続ノミネートの快挙を果たし、「日本の女性ジャズ歌手として最高の水準にある星乃けい…故・岩浪洋三氏」と絶賛〉。
 大変な人に声をかけて貰ったけど観客動員大丈夫かな?!。
 それからと言うと、ポスター、チラシなどの作成、配布で大変でした。それでも心配で心配で・・・。ところが当日はそれらの心配をよそに「イダカフェ」は多いに盛り上がりました。
 それが「イダカフェ」の大きなイベントの最後となりました。
 その後、元住吉駅前の「音友ハウス」のライブにも気軽に来て貰え“枯葉”等を披露していただき、二次会にまでお付き合いしていただけました。
 音友会も5周年を迎え、どなたか著名な方にMマガジンの執筆をお願いできないか・・・となり、あの気さくな星乃けいさんに打診、快く引き受けて頂きました。
 星乃けいさんとの世間話の中で元住吉ミュージック・フェスティバルの音楽監督・伊津野忠里(ビッグバンド・アレンジャー)さんのバンドでも歌った事が解りました。音楽の世界は以外と狭いなぁと思いました。
 機会があれば、八百屋バンドとビッグバンドで星乃けいさんの歌を十二分に聴かせて頂きたいと思います。
・音楽好きな友の会代表・塚田親一(第2回元住吉ミュージック・フェスティバル実行委員会代表)
(Mマガジン 2020年07月号掲載)
———
(Mマガジン 2019年08月号表紙)※連載開始前
———
Mマガジン2019年10月号(58号)

☆連載01 吉田拓郎、泉谷しげる、古井戸、ケメ・・・キャー!
●表紙:西郷正昭(さいごうまさあき):
ピアニスト・作詞作曲家・八百屋オーナー
———-
Mマガジン2019年11月号(57号)
☆連載02 鬼のプロデューサーは神様だった・・・
●表紙:ハル(坂井晴-さかいはる):
トランペット奏者
———-
Mマガジン2019年12月号(58号)
☆連載03 私の持ち味ってなに?
●表紙:長瀬晋(ながせすすむ):
シンガーソングライター
———-
Mマガジン2020年1月号(59号)
☆連載04 自然体で等身大の言葉を味わう歌詞。
●表紙:雨海智和(あまみともかず):
朗読、ナレーター、声優
———-
Mマガジン2020年2月号(60号)
☆連載05 怖くて嬉しくって、そしてエネルギーを貰う感覚。
●表紙:神林義徳(かんばやしよしのり):
シンガーソングライター
———-
Mマガジン2020年3月号(61号)
☆連載06 賞を頂けるなんて考えもしなかった。
●表紙:永瀬陽子(ながせようこ):
ボサノヴァギター奏者
——-
Mマガジン2020年4月号(62号)
☆連載07 1年半経っても気持ちが変わらなければ・・・
●表紙:牧野くみ(まきのくみ):
シンガーソングライター、ユニットグループ「くじら座」
———-
Mマガジン2020年5月号(63号)
☆連載08 この頃から、レコードを制作者側の気持ちで聴く耳も培われたように思います。
●表紙:中野亜希子(なかのあきこ):
ボサノヴァギター奏者
———-
Mマガジン2020年6月号(64号)
☆連載09 この頃から、レコードを制作者側の気持ちで聴く耳も培われたように思います。
●表紙:Gen (奥健太郎-おくけんたろう):
ハーモニカ、ギター奏者
———-
Mマガジン2020年7月号(65号)
☆連載10 忘れられない1曲は、Cの棚にあった。
●表紙:塚田親一(つかだしんいち):
ドラム奏者
———-
Mマガジン2020年8月号(66号)
☆連載11 せめて暖かいジャケットが欲しかったなぁ。
●表紙:秋山幸男(あきやまゆきお):
サックス奏者
———-
Mマガジン2020年9月号(67号)
☆連載12 始めての自分の城が最低限整いました。
●表紙:伊津野忠里(いずのたださと):
トロンボーン奏者
———-
Mマガジン2020年10月号(68号)
☆連載13 「Hotel California」、生涯で1番好きな曲。
●表紙:出村克明(でむらかつあき):
パーカッション奏者
———-
Mマガジン2020年11月号(69号)
☆連載14 デビュー曲は、歌は世につれ。
●表紙:村上進(むらかみすすむ):
スチールギター奏者

———-
Mマガジン2020年12月号(70号)
☆連載15 デビュー=所得増!・・では全くなかった。
●表紙:ミニッツ:
夫婦コミックデュオ
———-
Mマガジン2021年1月号(71号)
☆連載16 デビューには大学の学園祭。
●表紙・田島華乃(たじまかの):
ヴァイオリスト
———-
Mマガジン2021年2月号(72号)
☆連載17 Charの事務所で裏方に徹して解った事。
●表紙・片山裕子(かたやまゆうこ):
ピアニスト
———-
Mマガジン2021年3月号(73号)
☆連載18 ファンの方はデイケート、大切にしなければならない宝石。
●表紙:保田真奈(やすだまな):
歌・俳優
———-
Mマガジン2021年4月号(74号)
☆連載19 会社の利益を生めるアーティストになれるだろうか。
●表紙:海江田紅(かいえだべに):
トロンボーン
———-
Mマガジン2021年5月号(75号)
☆連載20 敏腕プロデューサーのオファーなら飛び込むべし!。
●表紙:伊藤紫央里(いとうしおり):
ミュージカル、ヴォイストレーナー
———-
Mマガジン2021年6月号(76号)
☆連載21 Sophisticated Lady
●表紙:文梨衛(ふみなしまもる):
サックス奏者
———
Mマガジン2021年7月号(77号)
☆連載22 誰もいない店頭で唄ったこともあったなぁ。
●表紙:黒沼千比呂(くろぬまちひろ):
フルート奏者
———
Mマガジン2021年8月号(78号)
☆連載23 「朝野葉子」、「西郡葉子」そして「西郡よう子」へ
●表紙:坂本洋介(さかもとようすけ)・Yosuke:
ギタリスト、ボーカリスト、ウクレレプレイヤー

———

Mマガジン2021年9月号(79号)
☆連載24 東芝EMI「ゴールドディスク賞」を受賞
“この愛に生きて”フジTV「結婚の四季」主題歌。

●表紙:長野次郎(ながのじろう):
サックス奏者、作曲家
———
Mマガジン2021年10月号(80号)
☆連載25 大失態!スタッフが全力でとってくれた歌番組・・・
★星乃けい 記述楽曲 ♫ When October Goes – Barry Manilow ♫
●表紙:Gen(奥健太郎/おくけんたろう):
ハーモニカ&ギター奏者
———
Mマガジン2021年11月号(81号)
☆連載26 音楽の他にも、きつい悩みはありました。
●表紙:安齋あかね(あんざいあかね):
テーマパークダンサー
———
Mマガジン2021年12月号(82号)
☆連載27 My name is Yoko
★星乃けい 記述楽曲  この愛に生きて
♫ Have Yourself A Merry Little Christmas ♫
●表紙:佐々木爽(ささきそう):
琵琶演奏者

———
Mマガジン2022年1月号(83号)
☆連載28 過密スケジュールで疲れてた
●表紙・宗久真紀(むねひさまき):
ヴォーカリスト
———-
Mマガジン2022年2月号(84号)
☆連載29 土曜日は名古屋からTVの生放送
●表紙・NAO(ナオ):
ヴォーカリスト
———-
Mマガジン2022年3月号(85号)
☆連載30 何でもいいから好きな歌を唄っていく
●表紙・池田恵利(いけだえり):
ヴォーカリスト
———-
Mマガジン2022年4月号(86号)
☆連載31 CMは15秒、30秒のドラマなので瞬間芸
●表紙・Judith(ジュディス):
ヴォーカリスト
———-
Mマガジン2022年5月号(87号)
☆連載32 厳しかったのは高橋真梨子さんの「For You」
●表紙・Victoria(ヴィクトリア):
ヴォーカリスト
———-
Mマガジン2022年6月号(88号)
☆連載33 出会ってその時の一発がベストテイク
●表紙・中野正敏(なかのまさとし):
ピアニスト、アレンジャー
———-
Mマガジン2022年7月号(89号)
☆連載34 JAZZ、味わったことのない幸せを感じる
●表紙・sayu(サユ):
オルガニスト
———-
Mマガジン2022年8月号(90号)
☆連載35 「私のサラ・ボーン!」とユミさんはニコニコ
●表紙・桂 宏美(かつらひろみ):
ヴィオリラ
———-
Mマガジン2022年9月号(91号)
☆連載36 SWING独特なリズムは、一生のお勉
●表紙・藤橋万記(ふじはしまき):
パーカッショニスト
———-
Mマガジン2022年10月号(92号)
☆連載37 ピアニストの池野成秋
●表紙・宮下敏子(みやしたとしこ):
フリーアナウンサー・音楽家
———-
Mマガジン2022年11月号(93号)
☆連載38 え?彼女のお父さんはNat King Cole!
●表紙・若林かおり(わかばやしかおり):
ラジオパーソナリティ、インタビューアー
———-
Mマガジン2022年12月号(94号)
☆連載39 18曲しか唄えない、承知で雇ってくれた。
●表紙・HAL(ハル):
トランペット
———-
Mマガジン2023年1月号(95号)
☆連載40 THE NEARNESS OF YOU
●表紙・チャーリー半田:
ジャズ・ヴォーカリスト
———-

Mマガジン2023年2月号(96号)
☆連載41 渋谷のJZ-Beat、観客は蒼々たるメンバー 
●表紙・西郷葉介(さいごうようすけ):
シンガーソングライター
———-
Mマガジン2023年3月号(97号)
☆連載42 スウィング・ジャーナル編集長の言葉にズドーンときました。
●表紙・サニームーン(奥山早苗、結城明美):
手話ハーモニーユニット
———-
Mマガジン2023年4月号(98号)
☆連載43 今がいちばん楽しい歌手人生。
・牧野くみ :北海道知床出身”水産系”シンガーソングライター。モットンクラブ代表。MMFの副実行委員長で活動。
・永瀬晋:最近はソロ活動、バンドサポート、レコーディング、少々俳優などメインに活動中。音楽教室ソウリーヴ・ミュージックスクール代表。MMFの音響担当で活動。
———-
Mマガジン2023年5月号(99号)
☆連載44 渋谷のJZ-Brat、観客は蒼々たるメンバー。
●表紙・ミニッツ:
夫婦漫楽デュオ
———-
Mマガジン2023年6月号(100号)
☆連載45 世界一周クルーズ船のお仕事!?
●表紙・今津美樹(いまづ・みき):
ボーカリスト、ITアナリスト
———-
Mマガジン2023年7月号(101号)
☆連載46 ピアニストの師匠にご登場いただいて
●表紙・rhythm(プリズム):
アカペラグループ
———-
Mマガジン2023年8月号 (102号)
☆連載47 「大人倶楽部/西郡よう子」
●表紙・副島雄二(そえじまゆうじ):
ベース奏者

———-
Mマガジン2023年9月号(103号)
☆連載48 ラテン音楽との出会い
●表紙・島裕介(しまゆうすけ):
トランペット・フルート・作編曲家
———-
Mマガジン2023年10月号(104号)
☆連載49 ラテンのリズムの楽しさを
●表紙・ムール瑠美(るみ)&ムール クリスチャン:
ドラム講師
———-
Mマガジン2023年11月号(105号)
☆連載50 秋には”枯葉”の名曲が
●表紙・La Vivencia(ラ・ビベンシア・フラメンカ):
フラメンコ音楽ユニット・山田美季(歌)、田村庄太(G)
———-
Mマガジン2023年12月号(106号)
☆連載51 世界中の点と点でクリスマスソングを聴きたい
●表紙・山崎綾子(やまざきあやこ):
ピアニスト
———-
Mマガジン2024年1月号(107号)


☆連載52 包み込まれる音色の響きが懐かしい・・・
●表紙・星乃 けい(ほしの けい):
ヴォーカリスト
———-
Mマガジン2024年2月号(108号)
☆連載53 歌のスーパースターが世界に願う…
●表紙・島倉 学(しまくら まなぶ):
ヴォーカリスト
———-
Mマガジン2024年3月号(109号)
☆連載54 歌が紡いでくれたご縁
●表紙・若林かおり(若林かおり):
ラジオパーソナリティー、インタビュアー、MC
———-
Mマガジン2024年4月号(110号)
連載55 【最終回】そして音楽の旅は続く…
●表紙・MMFスタッフ
———-

長い間ありがとうございました。

♬「音楽好きな友の会」代表・塚田親一♬
—————————————————-
♬ ジャズ・ボーカリスト『星乃けい』待望のアルバム ♬
SHARPと早稲田大学・山崎教授による産学一体の1ビットデジタル技術を取り入れた、驚異の*フル1ビットレコーディング。奇跡のサウンドをお楽しみください。これまでの幅広いミュージック・シーンのキャリアと、“HEARTFELT VOICE”の魅力が存分に広がるジャズ・スタンダードの数々。温かくて切なくて、成熟された歌声を是非堪能してください。(*フル1ビットとは、録音の第一段階から最終マスタリング・プレスまで、すべて1ビットで収録されたことを意味します)
♬ IN A SENTIMENTAL MOOD
イン・ア・センチメンタル・ムード/星乃けい
アップストリーム / JPN / CD / JZCJ-1502/
XAT-1245394568 / 2006年12月20日
3,143円(税込)

 

—–
NEARNESS OF YOU
ニアネス・オブ・ユー / 星乃けい
アップストリーム / JPN / CD / JZCJ-1501
/ XAT-1245394567 / 2005年12月14日
3,143円(税込)