10月 〜音友レコード倶楽部〜予告

10月 ♪♪音友レコード倶楽部♪♪
日曜日の昼下がり、レコード倶楽部では現在の住宅事情では味わえない昔ながらの大型ステレオ装置で往年の軽音楽、ジャズなどのレコードやCDを聴いています。参加は自由で音友会メンバー、常連参加者を始め地域住民の新規参加の皆さんと持ち寄られたレコードやCDを鑑賞しながら楽しいひと時を過ごしています。またスピーカーシステムにはジャズサウンドには珍しいタンノイ・バークレイ+3wayスピーカーシステムとの組み合わせで音友ハウスは心地よいアナログサウンドの良さで聴きやすく、迫力ある音場空間を再現しています。ぜひ一度参加してみてください。

★ 10月は7日(日)、21日(日)です。
・日時:午後1時30分から〜午後4時30分まで開催(開場13時)。
・会場:音友ハウス(元住吉駅 前フルーツショップ・フルッ チョ2階)
・参加費:¥1,500

◎月2回の日曜日の鑑賞内容
・第1日曜日は「軽音楽(Light Music)」
スウィングジャズ、映画音楽、イージーリスニング、オールディーズ、Jポップスなど気軽に聴ける音楽など。
・第3日曜日は「Jazz Date」(ジャズファンの集い)
アーリー・ジャズからモダン・ジャズまで。

◎鑑賞進行内容
・①持ち寄り・タイム:1人15分以内で参加者持参のレコード、CDを鑑賞。
・②ディスクジョッキー・タイム:毎回担当者がテーマを決め、選曲したプログラムを解説。

★各日曜日の開催内容★
●10月7日の「軽音楽(Light Music)」テーマ
「オーリアンズの知らぜられる名盤」です。
「ダンス・ウイズ・ミー」の大ヒットで知られるジョン・ホール率いるオーリアンズ。彼らの幻のセカンド・アルバム(日本・ヨーロッパのみ発売、本国アメリカでは未発売)を聴いていきます。

●10月21日の「Jazz Date」(ジャズファンの集い)テーマ
①クルト・ヴァイル特集
ブレヒトの戯曲『三文オペラ』の挿入歌”マック・ザ・ナイフ”を作曲したクルト・ヴァイルが遺したジャズの名曲を辿ります。
②ザ・ レスター・ヤング ストーリー(前編)
ジャズ史上稀にみるクリエイターの1人と云われたプレズ(プレジデント)ことレスター・ヤングの絶頂期を聴いてみましょう。

※また、参加予定の方々でLP、CDなどご自慢のコレクションが有りましたらぜひご持参ください!。
SP盤を持参の方は事前にご連絡ください。
ご不明な点が有りましたらお気軽に「お問い合わせ」してください。

☆音響装置(2018年8月20日現在)
・アンプ: KT-88真空管、SONY、DENON、
・パワーアンプ:Marantz
・CDプレーヤ:PIONEER、SONY、TEAC
・レコードプレーヤ: 3スピードプレーヤ
・スピーカー:TANNOY、TEAC
など。